未分類」カテゴリーアーカイブ

トレンドのチェック柄コーデ

今季トレンドとなっているチェック柄の一つが、グレンチェックです。グレンチェックとは、千鳥格子のように細やかなチェックを組み合わせて作られた柄のことです。
男性用のスーツなどに使われることが多い柄ですが、ボトムスやスカートなどレディースアイテムでも取り入れられることが増えてきています。チェック柄がトレンドと言われても、華やかなチェック柄は若い人でなければ着こなすことがでいないのではないかと悩む人もいるでしょう。
そんな人でも、グレンチェックのアイテムであれば、無理なく取り入れることができます。グレンチェックは、大人っぽいというよりも地味な印象を与えてしまうのではないかと思う人もいるでしょう。確かに、組み合わせによってはもっさりとした印象を与えることもある柄です。
ただ、グレンチェックのパンツやスカートを履く場合は、白や黒などはっきりとした色のトップスを選ぶなど、コーディネートを工夫すれば上品で大人っぽい印象を与えることができます。
落ち着きのあるグレンチェックは、華やかな色のアウターとの相性も良いものです。少し華やかな色を取り入れたコーディネートを楽しみたい時も、グレンチェックの活用を考えておくと良いでしょう。

縦のライン&濃い色で着痩せ!

チェック柄をうまくファッションに取り入れることができると、とてもオシャレに見えます。今年おトレンドをしては、ダークなチェック柄にポイントとしてヴィヴィットな色がラインで入っているなどが特徴としてあります。

ぽっちゃりさんは基本的に縦のラインが強調されているチェック柄を選ぶのがコツです。なので、横のラインよりも縦のラインが濃かったり、太かったりする柄を選んでください。
また、どこにチェック柄を持ってくるかですが、おすすめなのがスカートです。チェック柄はスッと人の目をひきつけますので、スカートなどラインが長いものでひきつけると着痩せして見えるんです。

例えば、黒いVネックのニットにひざ下ぐらいまでのストンしたしたラインの縦のラインが強調されたスカートを穿くととてもスッキリとした感じに見えます。そして靴などは5センチぐらいヒールがあった方がより足が長く見えておすすめです。
また、アウターなどでチェック柄を選ぶときはなるべくしめ色などの濃い色でチェック柄もあまり大柄ではないものがベストです。全体的にチェック柄をつかうときは、なるほどあまりチェック柄をあまり強調しない方がスッキリ見えますよ。上手くチェックを取り入れてファッションを楽しんでください。

大人女性にオススメのトレンド

秋が深まり、気温もだいぶ落ち着いて涼しくなって参りました。秋になると、可愛らしいニットがたくさん店頭に並び、どれがいいか迷ってしまいます。そんなニットを大人っぽく可愛くおしゃれに着こなすにはどうしたらいいのでしょうか。着こなすためのポイントやコツをご紹介します。

まずは、ニットを着る時は組み合わせる洋服の素材を選ぶとメリハリが出て一気におしゃれ度が増します。ニット生地のトップスをレザー等と組み合わせるのが王道といえます。足元を革靴にしたり、スカートやパンツをレザーなどの生地にするのも素敵です。
ニットは、少しモコモコしていて分厚い素材になるので、それ以外の部分ではぴったりとした素材や、ボリュームが出にくい素材を上手に活用していくとバランスが取りやすいでしょう。秋冬なので、カラーはこっくりとした深みのある色の方がおすすめです。
ベージュやワインレッド、深い森のようなモスグリーン、そういった色味を上手に組み合わせて、白や黒、ネイビーやグレーなどの万能色と掛け合わせてコーディネートを組んでみてください。どんなニットも今っぽくおしゃれに着こなせるでしょう。
秋冬は、ファッションの幅が広がって、いつも以上におしゃれを楽しめる時期でもあるので、いろいろなコーデを試してみてください。

白シャツ×ベストでオシャレ♪

秋冬はとにかく重ね着がたのしい!夏と違って洋服のコーディネートの幅が広がりますよね。
私が今年おすすめしたのが、白シャツにニット素材を合わせるコーデです。

例えば、白シャツにニットのベストなどを合わせるだけで一気にこなれ感がでます。色は秋なので少し落ち着いたグレーや深みのあるネイビーなんかがとてもおすすめです。プラス同系色のベレー帽などをかぶってもとておしゃれな雰囲気になります。
秋冬だからこそ楽しめるコーデです。そしてもう一つおすすめなのが、白シャツにざっくりと太目の毛糸で縫ったざっくりカーディガンなどをふわっと着るのもとってもおすすめ。少しオーバーサイズを選んで崩して着ることで、オシャレ感やこなれ感が一気に上がります。
カーディガンのボタンなどは少し大きなかんじを選ぶとよりオシャレ感などが増します。オーバーサイズだとおすすめな色はベージュなどの淡い色がおすすめです。黒や紺だと少し重たい印象になってしまうので注意が必要です。
他にも白シャツに大判ストールなんかと羽織ったり、前にベルトで固定してもかわいらしい印象になりますよね。大判ストールは少し遊んでもいいので、チェックの柄物や少し個性的な色で合わせてもかっこいいです。

ロングカーディガンで体型隠し

ぽっちゃり体型の女性でも、上半身がぽっちゃりしている方、下半身がぽっちゃりしている方、色々な体型の方色々な悩みがあると思いますが、全般的に言えることは縦長ラインを強調すると少しほっそりして見えるということです。
その点でいうとロングカーディガンというアイテムは縦長を一番強調できるアイテムです。特に濃い色味であったりすると良いです。なるべく素材はふわふわしていないもので膨張して見えないものが良いです。
インナーはカーディガンの色より薄い色を選びましょう。インナーの色とボトムスの色を同系色にすると縦長効果がより高いです。
カーディガンですが体型にもよりますが体にフィットしていても細く見えるものもあります。逆に、かっちりした素材で寸胴にみえてしまうものもありますので、その時はベルトなどでカーディガンの上から体の細い位置にウエストマークをすると、細い部分だけが強調され細見えできます。
インナーは自分の見せたい細い部分だけ体にフィットしたものを着るといいです。すべてがオーバーサイズだとバランスが悪くなってしまう場合があるので、トップスの着丈などで調整するとよいです。
背の高い方は足首を見せるのもいいです。カーディガンはロング丈なのでお尻は大抵隠すことができます。胸が大きくて隠したい方はインナーにゆとりのあるものを選びましょう。

秋冬はタック&ギャザーで決める

秋冬に向けてお洒落なファッションアイテムをお探しの大人女性にぜひおすすめなのが、タック&ギャザーアイテムです。特にトレンドになっているアイテムと言えば、ブラウス類です。
タックやギャザーがたっぷり入ったブラウス類はここのところ大流行しており、年代を問わずワードローブに取り入れる女性が増えています。もちろん、大人女性にも似合います。
胸もとにギャザーをたっぷり入れたり、ウエストの切り替え部分にタックを入れたりと様々なデザインのブラウスが販売されているので、好みに合わせて選べます。大人女性の方におすすめは、甘くなり過ぎないデザインのタック&ギャザーブラウスです。
秋冬に似合うシックなカラーで選んでみたり、エレガントに着用できるデザインで選んでみてください。秋の季節は、パンツやスカートと合わせてそのまま一枚で着用できます。タックやギャザーデザインのブラウスは、華やかさがあるため主役級のアイテムとも言えます。
一枚でも簡単にお洒落できるアイテムです。またベストやカーディガンとのコーディネートもおすすめです。インナーアイテムとして冬も大活躍しますから、大人女性もぜひタックやギャザーが入ったブラウスに注目してみたください。

クラシカルコーデで上品に

秋になると肌寒くなってきて、重ね着をする人も多くいますよね。でも、コーデの方法によってはダサく見えてしまうこともあります。できたら、周囲からあか抜けてると思われたいものです。

40代50代というと、色やデザインの選び方が難しい年代です。そんなときには、クラシカルなアイテムを取り入れることがおすすめです。トレンドにほとんど左右されることがないので選びやすいですし、上品なイメージが強いので、落ち着いた大人の女性にはぴったりです。

ツイードのジャケットなら、スカートにもパンツにも合いますし、クラシカルでありながら斬新な印象を相手に与えます。また、羽織るだけであらゆるファッションを引き立たせてくれるトレンチコートもおすすめです。
秋の色合いに合わせたカーキーやブラウンもおすすめですが、赤いトレンチコートも印象強くなります。銀杏や紅葉がヒラヒラと舞うなかを、赤いトレンチコートを着て歩くだけでとても華やかで優雅なイメージに見えます
。この場合、インナーには白や黒といった単色を選択するといいでしょう。秋はあまり着ぶくれをすると、体型が崩れてしまい、おしゃれには見えません。重ね着をするときには、たくさん重ね着をしないように気をつけましょう。

細見えチュニックを選ぶポイント

体型カバーはもちろん、「スタイル良く見えるファッション」というのは全ての女性に共通する願望ではないでしょうか。
特にチュニックは、お腹や腰回りをカバーしてくれるので心強いアイテムです。しかし、身体のラインを出さないデザインのため、一歩間違えれば「太って見える」「おばさん」というネガティブなイメージになってしまうこともあります。

チュニックを選ぶ際のポイントを抑えて、細く見える着こなしをしてみましょう。まずはチュニックの素材に注目してみてください。
服の素材は様々で、デザインだけではなく、素材が大きく印象を左右します。綿などの身体にフィットするような生地ではなく、ハリがあってしっかりとした生地がおすすめです。年齢を重ねるとともに、お腹や背中のたるみはどうしても気になってしまうもの。生地自体がしっかりとしていれば、気になるボディーラインがあらわになることはありません。それだけではなく、デザインのシルエットも綺麗に出るので、すっきりと着こなすことができます。

チュニックをスタイル良く着こなすためにはデザインも重要です。縦のラインを強調するようなデザインなら、自然とスタイルアップが叶います。また、胸元にアクセントとなるデザインがあるチュニックなら視点が上に集まるので、お腹から下は見られにくくなるというメリットがあります。上半身がゆるやかなチュニックである分、ぴったりとしたデザインのパンツか、逆にロングスカートでレイヤード風のデザインでコーディネートするのがおすすめです。体型カバーの味方として欠かせないチュニック。選び方とコーディネートに工夫して、細く見える工夫をしてみてくださいね。

着痩せチュニックでいつもお洒落に

ぽっちゃり体型を隠すのに都合が良いアイテムがチュニックですが、ぽっちゃり女性が着ると、シルエットによっては妊婦さんに見えてしまうので注意です。なので、お腹を隠したいからチュニックを着る、のではなく、お腹も隠れている服を着ている、という前向きなイメージを大事にしてチュニック選びをしていくのがコツです。

お腹を隠したいから、という目線でチュニックを見てしまうと、どうしても丈の長さに注目してしまうものです。丈がお腹に隠れているかをポイントとして服を見てしまうので、そうすると着痩せどころか中途半端な丈のラインで逆にお腹ラインが目立ってしまうこともあります。ですから着痩せを意識するのであれば、お腹も隠れている服ということで、思い切り長い丈のチュニックを選びましょう。
また、できればスリット入りのものが良いです。ウエストラインで絞りがなく、ストレートで丈のあたりにスリットがあると動いた時にもシルエットが綺麗です。また、カラーはぽっちゃりだと引き締め効果を意識して黒やグレーなどのダーク系を選んでしまいますが、夏であれば重たすぎる、暑すぎるイメージにもなりやすいので、ダーク系を選ぶならグラデーションっぽくなっているチュニックがお勧めです。

ハイウエストパンツでお腹周りをカバー

ぽっこりお腹が気になる40代50代におすすめなのがハイウエストパンツです。お腹周りをしっかりカバーした着痩せコーディネートを叶えてくれるはずです。

細見えできるおすすめコーディネートを3パターンご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

①くびれて見えるリボンベルト太めのベルトがついたハイウエストパンツは、着痩せ効果抜群のアイテムです。しっかりとくびれのあるメリハリのあるコーディネートが楽しめます。
お腹周りをすっきりと見せながら、脚長効果も期待できます。上品な印象の大人カジュアルは、学校行事や仕事にもおすすめです。

②ゆるシルエットのデニム
普段のコーディネートに欠かせないデニムは、ハイウエストタイプを選ぶのが正解です。ゆったりとしたシルエットが、お腹だけでなく下半身全体をしっかりカバーしてくれます。トップスはインして着こなすことで、より着痩せ効果も高まります。動きやすいパンツスタイルは、子供とのお出かけにもぴったりです。

③たっぷりのギャザー
たっぷりと入ったギャザーがお腹カバーに効果大なハイウエストパンツはいかがでしょうか。白パンツは着太りするのが心配と言う方もいるかと思いますが、着痩せ効果のあるデザインを選べば安心して着こなせます。