秋の体型隠しにはロングワンピース

秋ファッションの体型隠しにおすすめのアイテムは、ロング丈のワンピースです。
ここ最近、ロング丈のスカートが若い世代からミセスまで幅広く流行しています。
ロング丈ワンピでも、足首ぐらいまで隠れるぐらいの丈が、全体的にスリムに見せる事ができます。
デザインとしては、足首ぐらいまでのロング丈ワンピです。
ドレスっぽいデザインだと、よりゴージャスに見せる事ができます。
シルエット的には、タイトな細身がおすすめです。
このタイプのワンピースは、真冬以外はオールシーズン活用できるから、1~3枚ほど揃えておくと長いシーズン活用できて便利です。
秋は朝晩の気温の差が激しいので、ロング丈のワンピースにストールやカーディガン、ボレロなどの羽織ものをコーディネートすると良いでしょう。
秋も10月を過ぎて寒い風が舞うようになってきたら、ロング丈のワンピースに、ファーの七部丈のボレロをまとうと、暖かさだけでなく、よりゴージャスな装いができます。
ロング丈のワンピースには、スリムなシルエットのロングカーディガンか短めの丈のカーディガンやボレロをコーディネートすると、全体的にほっそりとしたシルエットを構築する事ができます。
悩みのお腹周りやヒップ周りもきれいにすっぽりと隠せるので、是非トライしてみて下さいね。

秋冬は「ベイクドカラー」

8月になると、洋服も秋冬のファッションには大きいサイズのコートを選んでものがお店に入荷されてきますよね。まだ早いと思っていても、ぽっちゃりファッションにもトレンドのベイクドカラーアイテムは必須は季節を先取りするので欲しいアイテムを購入できるように今から秋冬のトレンドは押さえておきたいですよね。今年の秋冬のトレンドカラーは「ベイクドカラー」です。ベイクドカラーとは、くすんだ落ち着きのある色です。夏の原色に近いハッキリした色合いではなく、落ち着いて雰囲気あるベイクドカラーファッションは大人の女性におススメのカラーです。マスタードやニュアンスのある茶系のメイプル、ピンクなどの暖色系やグリーンもオススメです。ピンクは派手、というイメージがある方も多いと思います。落ち着きのあるピンクで柔らかな優しいイメージのピンクなので、女性らしい印象になるので、ピンクが苦手な女性にこそ挑戦してもらいたい色です。マスタードや茶系のメイプルなどは日本人に多いオークル系の肌に、とてもよくなじみます。顔に近い部分に明るい色を用いること、顔も明るく見えるメリットがあります。夏のアイテムでも色をベイクドカラーのジャケットを秋冬コーディネートに変えることで、さりげなく季節感を取り入れることができます。また、靴やバックにベイクドカラーを取り入れるのもおしゃれな印象を与えます。

下半身カバーしたいならばコレ!

ぽっちゃり体系だった過去があるわたしですが、現在も、サイクリングの影響で、妙に太ももが気になります。

これはわたしが過去に気を付けていた、下半身カバーファッションです。参考になれば、幸いです。

まず、カバーする時は、体型を見せないことと強調させないことが重要です。ですので、身体にぴったりしたパンツはなるべく避けたほうが良いでしょう。しかし、Aラインワンピースやジャンパースカートの下に、ストレートのGパンやレギンスを合わせるのはありです。この場合、トップスにボリュームがあるため、下半身に目線がいかなくなるためです。

少し前にはやったガウチョパンツや、キュロットスカート、ワイドパンツに、ぴたっとしたトップスを合わせるのも良いです。しかし、裾広がりのパンツは、トイレで床に落としやすいので要注意。丈が長めのフレアスカートも、裾が広がっているので体型隠しにピッタリです。

膝丈の黒のAラインスカートに、黒のタイツ、黒のブーツを履く、というコーディネートも気に入ってました。スカートの裾が広がっているので、トップスはぴったり目でも大丈夫です。

最も気になる水着ですが、わたしは青いデニム生地の3点セットのビキニを着ていました。パンティータイプのアンダーの上に、同じ生地のショートパンツタイプのアンダーを重ねていたため、多少は太ももを細く見せる効果があったかなと思います。

下半身カバーファッションをチェック

ファッションで体型をカバーしたいと思っている人は多いと言えますが、特に女性に多いのが下半身を細く見せたいという悩みです。そんな下半身カバーのファッションで欠かせない大人可愛いフレアスカートです。これはとっても簡単で、ふんわりしたシルエットのスカートを履くだけでOKですし、生地の素材によっては一年使うことが出来るアイテムなのでかなり重宝します。フレアスカートを履く時のコーデのポイントは下半身がふんわりしているので、トップスはダポっとしていない締まりのあるモノを選ぶことです。膝までのミディアム丈なら気になる太ももやお尻をしっかりと隠すことが出来るのでとってもお勧めです。基本的にスカートはタイトなモノやミニ以外は結構下半身を隠せるモノではなくスカートがメインのコーディネイトをすると女性らしさを演出えきる上に下半身を細く見せることが可能です。あと太ももが太くて悩んでいるけどその日の予定によってはボトムはパンツスタイルが動きやすくていいという時もあります。そんな時テーパードパンツが最適で、太ももを上手にカバーして足全体をスッキリと見せてくれます。ちなみにデーパードパンツは腰回りと太もも部分はゆったりして、裾にいく程に細くなるシルエットのパンツです。他にも全体的に太目のワイドパンツも下半身カバーファッションとしてお勧めです。

体型別の美脚に見せるパンツ

脚の太さにコンプレックスを感じている人でも、パンツの選び方に気をつければ美脚に見せられる可能性があります。脚のどの部分が気になるのかによってパンツの選び方が違います。太ももの太さが気になるようなら、太ももにゆとりのあるパンツがおすすめです。太もも部分がピタッとしていると、パツンパツンになって反って太さを強調してしまいます。太ももの部分はゆとりがあり、足首に向かって細くなっていくタイプのパンツはコンプレックスをカバーしてくれます。ふくらはぎの太さが気になるなら、ふくらはぎにゆとりがあるパンツがおすすめです。細く見せるためにタイトなデザインを選びたくなりますが、タイトなデザインのパンツはパツンパツンになって太さを強調させてしまいます。どのような悩みを抱えている人にもおすすめのパンツはワイドパンツです。ワイドパンツは全体的にゆとりがあり、脚全体をカバーしてくれます。だぼっとしているパンツとは違い、ワイドパンツは大人のきれいさを演出してくれます。カジュアルシーンでもビジネスシーンでも着られるようなデザインです。ウエスト部分を細くみせることで、より美脚が強調されるので、ウエストをベルトで締めるなどするとよいでしょう。

素敵な大人スカートの選び方

若い時は着られたのに、とクローゼットを見てため息をつくことはありませんか。まだまだ若い、と思っていても体型はどんどん変わっていきます。しかも着られるけどなんだか安っぽい、そんなこともよくあります。そう思った時はこんな風にスカートを選んでみてください。
スカート丈は落ち着いて見えるということで、今までと比べてやや長めの丈をを選ぶようになった方が多いと思います。このほかに新しくスカートを選ぶ時は、今までよりもワンランク縫製、生地のよいものを選ぶのことをおすすめします。
形や材質は好みもありますし、いきなり今まで持っている服と全く傾向を変えてしまうと合わせるのも大変です。なので同じようなデザインを選びつつ、素材をランクアップしたスカートを選択すると安っぽくなく失敗がないでしょう。
また抵抗があるかもしれませんが、年で体型が変わってきたと感じたら、同じような服でもミセス向けと銘打たれたラインを選んでみましょう。型が違いますのでぴったりと体に合って野暮ったくなりません。変なところにしわができると無理をしている感が出て安っぽく見えてしまいます。一度試着をして確認してみるといいでしょう。
ちょっとした選び方の工夫で、若い時と同じようなデザインでもまだまだ素敵に着られます。スカートを選ぶ時はこのようなことも念頭に入れて選んでみて下さい。

淡いペールトーンの色合い

ペールトーンの色合いがトレンドのようですが、この色合いはパステルカラーよりもさらに色が淡いところが気に入っています。
パステルカラーだとどうしても、若い人向けの印象になりがちです。

しかし、ペールトーンだと年代を問わずに、色合いを選ぶことができます。
特にピンクやイエロー系だと、色のトーンが濃いと、年齢を重ねるとともに着るのに抵抗を感じてしまいます。

ですが、淡い色合いならば、それほど抵抗なく着ることができますし、他の色との組み合わせもしやすいと思います。
ペールトーンは春から夏にかけての季節に似合う色なので、ぜひ、この季節にこの色を選んで着たいと思っています。

ワイドパンツは引き続きトレンドファッションのようですが、最近はスカートに見えるワイドパンツタイプを見かけるようになりました。
これなら女性らしい印象を受けますし、来ている本人は動きやすいし、下半身の体型を隠すことができるのが嬉しいです。

最近のファッションはトップスのブラウスをボトムスに入れるのが流行りのようです。
80年代ファッションが今風になって、再びブームがやってきているように感じています。

夏は特に紫外線が気になるので、特にトップスの選び方に気を付けたいものです。
トレンドを取り入れたオシャレな服を選びたいです。

40代の年齢に応じた服選び

40代に入り、年齢に応じた服選びの大変さが身にしみてわかりました。良い服は長持ちすると思い、今まで服にはお金をかけてきました。ある程度年をとってからでも、問題なく着られると思っていたのです。でも、実際は、20代や30代前半の頃のようにしっくりこないのです。それを、ある日ふと気づきました。はじめは、太ったのかな?化粧をしていないからかな?などと思ったのですが、日にちを変えてもしっくりくることはありませんでした。そこで、ふと以前母が「年をとると似合う服が変わるよ」と言っていたことを思い出しました。そうか、年のせいか!と納得。それからは、40代向けのナチュラル系大人ファッションにはオシャレなジャケットを雑誌を見て研究をすることに。着ているのは同じ年代のモデルなので、どのような服を選んで、どんな着こなしをしたら良いのかとても参考になりますよ。今は、ある程度40代の着こなし術を頭に入れた上で、通販サイトのカタログを利用して服を注文しています。通販だからと侮るなかれ。値段が安くても、おしゃれな服がたくさんあります。通販だと試着をできないデメリットはありますが、返品可能なところを選べばOK。じっくり考えてから購入を決められるので、40代の方にはおすすめの服選びの方法ですよ。

年相応の服選びのポイントとは

50代に入ってから、急に老け込んだように思います。
頭髪は以前より薄くなり、肌は張りや、つやを失いたるみが目立ち始めました。

先日、衣料品を買いに行ったときなどは、横にあった鏡をふと見た瞬間、「これって自分なの? ずいぶん年取ったなー」と思えるくらい老けて見えたので、とてもショックを受けました。
そうはいっても、いまだに20代後半ぐらいの心持ちでいるのですから、この現実とのギャップに不思議な感覚を抱きます・・・。

ところで、私の私服は二十歳ぐらいからほとんど変わっていません。
休日に外出するときは、決まってレギュラータイプのブルージーンズをはいて、トップスはベーシックなカジュアルシャツを身につけています。アウターを羽織る場合は一重のウインドウブレーカーかオーソドックスなダウンジャケットを着るだけです。

そうはいっても、服の色合いだけは年相応に変化してきました。
最近老け込んだこともあり、さわやかな白や水色といった明るい色目を着るのが恥ずかしくなり、その代わり、チャコールグレーや濃紺といった渋めの色目を好んで身につけるようになったのです。黒や白を身につける場合でも、少しくすんだ落ち着いた色目を購入するようにしています。

今の50代といえばバブル世代なので若い格好をした人が多いですが、私の場合は年相応の服装をするように心がけています。

コーディネートのポイント

コーディネートの際に気にかけているポイントは、足首や手首を出すようにすることです。体の中で一番細い足首や手首を出すと着やせ効果があると言われています。足首か手首どちらか出せば良いので簡単です。
例えば手首の場合は、長袖のシャツを少しまくってみたり、パンツの場合は足首までの丈のものを選んだりしています。顔を小さく見せたい場合は、首からデコルテラインが見えると良いと言われているので、VネックとかUネックを選んでいます。あと首元にアクセサリーをつけることも小顔効果が期待できます。着痩せできる秋冬のコーディネートにロングカーディガンをでは色選びも気にかけています。柄と柄の組み合わせはごちゃごちゃしたまとまらない印象になってしまうので選びません。色の組み合わせでおすすめなのはピンクとグレーです。可愛らしい印象にしたい時に選ぶ組み合わせです。落ち着いた雰囲気にしたいときはベージュと白を組みわせたりします。古着屋さんに行くと掘り出し物が見つかることが多いので、大人可愛いコーディネートにオシャレなコートをでは古着も上手に活用します。リーズナブルな価格でおしゃれなアイテムや可愛いアイテムが手に入るのでとてもお得ですしメンズサイズは古着屋さんで買うと良いものが見つかりやすいです。