投稿者「rwsbn1」のアーカイブ

透けアイテムを着こなすポイント

トレンドの透けアイテム、気にはなるけれど、インナーに何を着ていいかわからない…なんてこと、ありませんか?
レースや大胆なカット、シースルーなどの透け「魅せ」アイテムを着こなすポイントは実は簡単です。

着こなすポイントを3点に絞りました。まずは「黒かグレーのシンプルタンクトップを着る」、これが基本になります。
色は白やベージュなどは下着っぽく見えるので避けましょう。黒が定番ですが、暗めのグレーだとこなれ感が出るので、おすすめです。タンクトップはできればレースなどがあまりついていない、シンプルな形を選びます。
タンクトップは、ブラの紐が肩や背中から見えないデザインであることを確認してください。インナーが決まったら、次は他のアイテムとの合わせ方のコツです。

ポイントの2つ目は「辛口アイテムを合わせること」です。レーススカート×Gジャン、シースルートップス×黒テーパードパンツ、など辛口のアイテムを合わせるとコーデ全体にまとまりが出ます。
ロイヤルブルーやカーキ、濃いめベージュ、デニムなど、落ち着いた色で合わせるとトレンドアイテムを引き立ててくれます。

ポイントの3つ目は「色数は3色以内におさえる」こと。透けアイテムはそれ自体でおしゃれなアイテムなので、インナー・バッグ・靴などの小物を含め、使う色の数を3色以内にすると統一感が出ます。
色を少なくすると、目線が透けアイテムに自然と集まるので、魅力を生かすことができます。

以上、レース・シースルーなどの透けアイテムを着る時に気を付ける3つのポイントをご紹介しました。ポイントを押さえて、トレンドのおしゃれを楽しみましょう!

大人の女性の春夏アイテム

大人の女性が購入すべき春夏のナチュラルファッションアイテムは、パステルカラーのカーディガンがあれば、ちょっと肌寒いなぁと思った時など、さりげなく羽織るだけでも春っぽいナチュラルな雰囲気を演出することができます。

春夏アイテムはシーズンによって使い分けることが重要になります。
夏など濃いカラーを取り入れることで、いつもとは違うイメージになり、そして季節を楽しむことができます。
ストールは春夏アイテムの中でも幅広く活用できますし、デコルテ部分の紫外線カットすることができるし、室内など空調がきいているところでは首元が肌寒いなぁと感じた時にはストールをすることで、カバーすることができます。

ストールの種類も数多く持っているとトータルコーディネートで組み合わせることができます。ナチュラルな感じを出すには、女性らしさを出すことで、だいぶ雰囲気が柔らかくなり、フェミニンな感じになります。
春っぽい柔らかい素材のスカートは女性らしいですし、これからのシーズンに役立ちます。パステルカラーでフンワリ系のスカートとカットソーの組み合わせ、シャツをインしてみたり様々なコーデが楽しめるのでアレンジしながら自分らしさを出してみましょう。

大きいサイズの春夏のレディース服を選ぶときの注意点

大きいサイズの春夏のレディース服は、今年もたくさんお店に並んでいます。色々と見たりもするのですが、まだまだ春服が大半ならんでいて、夏服はこれからという感じです。

特に大きいサイズを買う時の注意点ですが、最近は少しすくなくなりましたが他の服にはない脇の下が切れているつくりのものがあったりするので、わきの方のチェックはされたほうが良いと思います。大きいサイズで、難しいのがちょうどよい自分にあったサイズの探し方です。

たいていとても大きいサイズがたくさん置かれていますが、特に二の腕と肩の周辺とお腹周りのあたりはかなり大きく作られています。ですから試着をしてみないと、本当に自分にあったサイズかどうかがわからなかったりしますので基本的には試着をおすすめします。

春らしい色合いやデザインの洋服がたくさんありますが、大きいサイズとなると体に服をあてたくらいでは雰囲気がつかめないことがあり、きちんと着用をしてみて自分に洋服の雰囲気があっているのかしっかりと、全体で確かめる必要があると個人的に感じています。
そしてスカートなどの裾の丈があわないこともあるので、そういった点もチェック出来ますね。洋服の生地の量が多いために、重いということもあるので大丈夫かどうかも確認できます。

トレンドカラーで春を演出

2020年春のトレンドカラー「シャーベットカラー」は春らしい爽やかなコーディネートにひと役かってくれます。
今までにあったパステルカラーに淡さが加わり、さらに柔らかく優しいナチュラルな色味が特徴です。
暗い色のコーデが多かった冬から、ふんわりと優しい色味のアイテムへとチェンジし一気に春を演出しましょう。
また、素材も春らしいものにチェンジし、軽い素材のを選べばさらにトレンド感もアップします。

今年流行の、プリーツスカートは女性らしく華やかな印象ですが、スニーカーやフラットパンプスとも相性抜群なので、カジュアルスタイルとしても使え幅広いおしゃれが楽しめる為おススメです。シャーベットカラーのプリーツスカートにベージュや淡い同色系のトップスを合わせてグラデーションをつければ、パッと明るい新鮮なコーディネートがかないます。

また、「シャーベットカラー」はデニムとの相性もとても良く、普段のコーディネートにトレンドカラーを一点取り入れるだけで、トレンド感を十分にアップさせることができるので気軽に挑戦することができます。さまざま種類のシャーベットカラーのアイテムがあるので、自分の好きなトレンドカラー&アイテムを取り入れて、春コーデを楽しみましょう。

40代はアースカラーが似合う

40代女性の春のナチュラルファッションはアースカラーがオススメですよ。理由は、40代女性は肌が衰えてきて透明感が失われてくるためはっきりした色が浮いてしまうから。原色なんてもってのほか。くすんだ色が肌に馴染んでくる年齢だということを忘れてはいけません。

20代の頃肌に透明感があった人ほど肌のくすみを感じると思います。更年期世代はそれでなくても悩みが多く自分のことに時間を使えません。そういうこともありアースカラーファッションを提案します。
アースカラーというのはグリーン系やブルー系、それからブラウン系が主流。グリーン系は森や林の木々の色、ブルー系は海や空の色、ブラウン系は土の色です。これらが中心となってアースカラーと呼ばれています。年寄りじみた色だと感じるかもしれませんが、実際身につけると肌に馴染むのが分かると思います。
ファッションが浮いたような感じにならず馴染むので着ていて心地よいはずです。春だからパステルカラーなんていまどきおかしいですね。

ナチュラルカラーは40代だからこそ似合います。50代60代になると今度はきれいな色が似合ったりしますから、40代のうちにアースカラーを楽しんでくださいね。

着痩せの工夫で春を楽しむ

ついつい食べすぎてしまう冬。寒さにかまけて、なにをするのも億劫。すっかり滞ってしまった身体。でも、春は確実にやってきます。来るべきお子さんの卒入学の大切な日、きれいな写真を残したいですよね。そして、春になると日常でも外に出かける機会が増えます。新しい出会いもあるかもしれません。ああ、どうしよう。でも大丈夫です。少しの工夫で着痩せの効果が得られます。まず、フォーマルな場面ではネイビーが強い味方です。着痩せ効果が高い色としては黒もあげられますが、今回は春のコーディネートですから、同じ効果でより柔らかく、華やかさを演出できる、ネイビーを選びましょう。ワンピースでもパンツスタイルでも、ネイビーのワントーンで着痩せと同時にきちんと感も表現できます。さらに首元にパステルカラーのスカーフを巻いたり、差し色になるバックを合わせると目を惹きます。次にアウトドアなど、リラックスした場面でのおすすめはすっきりとした隠さないパンツスタイルです。トップスは首回りのすっきりしたものを選んで、裾はボトムスにインします。首をだしてウエストも隠さない。このことが着痩せにつながります。足元もパンツをロールアップして足首を見せ、軽やかさをプラスするのもおすすめです。流行のダッドスニーカーを合わせると若みえ効果も狙えます。着痩せの工夫でハッピーに春のおでかけを楽しみましょう。

タイトなパンツで大人な雰囲気を

ストレスの溜まる仕事や学校から解放され、自由気ままに過ごせるオフとなるとついつい気持ちがだらけてしまうもの。
服もついついファッション性無視・着心地優先のだらしない姿となってしまいがちですが、それでもちょっとしたポイントに気を配るだけで、タウンユースとしても決して恥ずかしく無いスタイルに纏める事が出来るのです。
特に男性の場合、トップスもボトムスも身体に対するフィット感を心掛け、タイト気味のアイテムを積極的に着ればだらしなさを解消する事が可能です。
特にボトムスの場合、タイトなパンツを穿くだけで下半身がシュッと引き締まり、若干お腹の出始めた男性でもスッキリとしたスタイルに見せる事が出来ます。
これまでのパンツは素材が硬いデニムの為、脚を動かし辛かったり股ぐりに負担が掛かり破れてしまう等の欠点がありました。それゆえフィット感が強いタイトパンツを選ぶのにかなりの抵抗感があったのですが、最近はどのメーカーもストレッチ素材のパンツを主力に据えており、快適な着心地とフィット感をハイレベルで両立出来る様になりました。
大人の落ち着いた雰囲気を演出する際は、パンツの色もなるべく明るい色を避け、ブラックやネービーブルー等の暗色系を選ぶのがベストです。またヒップが大きくスキニーでは少々辛い…という場合、足先へのテーパーがきつめなスリム系パンツを選べば、足のラインが綺麗に現れ、さり気ない大人のファッション感を演出出来ます。

秋冬に大活躍するニットアイテム

秋も深まり、次第に肌寒い日も多くなってきました。スヌードや手袋といった防寒アイテムが恋しい季節ですね。そんな秋冬ファッションにぜひお勧めしたいニットアイテムを幾つかご紹介します。デザインだけでなく機能性にも長けたアイテムで寒い秋冬を思い切り楽しみましょう。ニットと言えば昨今人気のあるざっくり編みニットカーディガンが万能でお勧めです。通常のカーディガンのようにきめ細やかに編まれたものとは違い、あえてざっくりと大きな網目で編んだカーディガンのことで、一見網目の隙間から空気が入って寒そうにも思えますが着回し方で非常に万能なアイテムにに変身します。秋口ならタンクトップや半袖のTシャツをカーディガンの中にインすれば、カジュアルながらも品のある装いになります。冬でしたらブラウスやシャツをインすれば一層上品な印象に仕上がります。袖口が丸く広がりのあるボリューム袖ですとフェミニンな雰囲気を引き立てて可愛らしく着こなせます。重ね着をすることで保温効果も高まり秋冬でも快適に過ごすことができますよ。またリブニットも秋冬に大活躍するニットアイテムの1つです。リブニットは波のような凹凸の編み方で作られているものを指し、襟元のシルエットによって印象を大きく変えることができます。特にVネックですとデコルテが強調されますので大人のコーデに最適です。ただし基本的にリブニットはやや薄手のものが多いため、羽織物の下に着ることをお勧めします。生地が薄い分、上からコートやカーディガンを羽織っても厚ぼったくなりません。防寒のために重ね着をするあまり、着膨れしてしまうとお悩みの方にぜひお勧めのアイテムです。今回はニットアイテムの中でも今季流行のものをご紹介しました。秋冬は寒さ対策のために厚手の洋服を選びがちですが、上手に重ね着をすることで着膨れすることなく防寒機能を高めることができます。インする服によって雰囲気が変わりますので、着回しのパターンも多く長いシーズンで着用できるアイテムです。ぜひお好みの素材や色のざっくり編みカーディガン・リブニットを選んで、ご自分だけの秋冬コーデを楽しんでみて下さいね。

大きいサイズのお洋服のススメ

今年も秋冬シーズンの到来です。そんな中、ショッピングモールなどで大きいサイズコーナーが気になりつつ、まだ足を踏み入れたことのない女性もおられることでしょう。「ちょっと平均よりもボディサイズがオーバー気味」「海外サイズのほうが私には合っている」…。そんなお悩みを持つ女性は、今年こそ思い切って大きいサイズの秋冬のレディースファッションコーナーを覗いてみましょう。“大きいサイズ”といっても特大サイズという雰囲気はまったくなく、2Lのすぐ上の3Lや4Lなど、見た目にも一般のサイズとの間にそこまで大差のないアイテム揃い。キツめサイズのファッションに無理やり袖を通すよりも、自分のボディにそぐうお洋服を選ぶのが一番です。また、大きいサイズの秋冬のレディースファッションは「ふだんの服選びは一般サイズだけど、今年はオーバーサイズやビッグシルエットが流行ってるな…」と気になっている女性にもお勧めです。とくに大きいサイズコーナーには、一般サイズのコーナーではとっくに売れてなくなってしまった人気アイテムが残っていたりするもの。これを見逃す手はありません。秋冬ファッションは春夏アイテムよりもビッグシルエットをお洒落に着こなせる季節。たっぷりめの袖や裾は布面積も広く、より温かく着られます。サイズ感が気になる女性のみならず、オーバーサイズの秋冬ファッションが気になる女性にも、大きいサイズコーナーはイチオシなのです。

お勧め!40代女性のナチュラルファッション

40代女性にお勧めのナチュラルファッションはベーシックで質のいい物と言えるでしょう。ある程度の年齢になると流行を追ってそのシーズン限りの安価な商品を購入することはお勧めできません。定番のアイテムで少々高くても品質がいい商品を選ぶのがポイントです。ベーシックなデザインなら流行を問わず長く着ることが出来るのが魅力で、40代女性は自分に似合う定番のアイテムを購入するようにして下さい。そして小物などで差し色をする、流行のカラーをいれて今年流になるように目指しましょう。ちなみにこの秋のトレンド柄はチェックのパンツで、チェックなどの定番の柄は数年おきにトレンド柄となるので、購入するといいでしょう。逆に普段あまり目にしないようなトレンド柄の購入は避けた方が無難です。あと大人の女性に似合うチェック柄はあまり派手なモノではなく、白や黒、ブルーが入ったグレー系や濃紺とグリーンのブラックウォッチがお勧めです。さりげなくトレンド柄を使用するのがポイントで、肌の露出は少なく、体の線が隠れるモノだと長く着回すことが出来ます。あとモノトーンなどのどんな色とでも合わせやすい、着回ししやすい服にお金をかけるのが上手に服の買い方と言えるでしょう。