秋冬は「ベイクドカラー」

8月になると、洋服も秋冬のファッションには大きいサイズのコートを選んでものがお店に入荷されてきますよね。まだ早いと思っていても、ぽっちゃりファッションにもトレンドのベイクドカラーアイテムは必須は季節を先取りするので欲しいアイテムを購入できるように今から秋冬のトレンドは押さえておきたいですよね。今年の秋冬のトレンドカラーは「ベイクドカラー」です。ベイクドカラーとは、くすんだ落ち着きのある色です。夏の原色に近いハッキリした色合いではなく、落ち着いて雰囲気あるベイクドカラーファッションは大人の女性におススメのカラーです。マスタードやニュアンスのある茶系のメイプル、ピンクなどの暖色系やグリーンもオススメです。ピンクは派手、というイメージがある方も多いと思います。落ち着きのあるピンクで柔らかな優しいイメージのピンクなので、女性らしい印象になるので、ピンクが苦手な女性にこそ挑戦してもらいたい色です。マスタードや茶系のメイプルなどは日本人に多いオークル系の肌に、とてもよくなじみます。顔に近い部分に明るい色を用いること、顔も明るく見えるメリットがあります。夏のアイテムでも色をベイクドカラーのジャケットを秋冬コーディネートに変えることで、さりげなく季節感を取り入れることができます。また、靴やバックにベイクドカラーを取り入れるのもおしゃれな印象を与えます。

下半身カバーしたいならばコレ!

ぽっちゃり体系だった過去があるわたしですが、現在も、サイクリングの影響で、妙に太ももが気になります。

これはわたしが過去に気を付けていた、下半身カバーファッションです。参考になれば、幸いです。

まず、カバーする時は、体型を見せないことと強調させないことが重要です。ですので、身体にぴったりしたパンツはなるべく避けたほうが良いでしょう。しかし、Aラインワンピースやジャンパースカートの下に、ストレートのGパンやレギンスを合わせるのはありです。この場合、トップスにボリュームがあるため、下半身に目線がいかなくなるためです。

少し前にはやったガウチョパンツや、キュロットスカート、ワイドパンツに、ぴたっとしたトップスを合わせるのも良いです。しかし、裾広がりのパンツは、トイレで床に落としやすいので要注意。丈が長めのフレアスカートも、裾が広がっているので体型隠しにピッタリです。

膝丈の黒のAラインスカートに、黒のタイツ、黒のブーツを履く、というコーディネートも気に入ってました。スカートの裾が広がっているので、トップスはぴったり目でも大丈夫です。

最も気になる水着ですが、わたしは青いデニム生地の3点セットのビキニを着ていました。パンティータイプのアンダーの上に、同じ生地のショートパンツタイプのアンダーを重ねていたため、多少は太ももを細く見せる効果があったかなと思います。

下半身カバーファッションをチェック

ファッションで体型をカバーしたいと思っている人は多いと言えますが、特に女性に多いのが下半身を細く見せたいという悩みです。そんな下半身カバーのファッションで欠かせない大人可愛いフレアスカートです。これはとっても簡単で、ふんわりしたシルエットのスカートを履くだけでOKですし、生地の素材によっては一年使うことが出来るアイテムなのでかなり重宝します。フレアスカートを履く時のコーデのポイントは下半身がふんわりしているので、トップスはダポっとしていない締まりのあるモノを選ぶことです。膝までのミディアム丈なら気になる太ももやお尻をしっかりと隠すことが出来るのでとってもお勧めです。基本的にスカートはタイトなモノやミニ以外は結構下半身を隠せるモノではなくスカートがメインのコーディネイトをすると女性らしさを演出えきる上に下半身を細く見せることが可能です。あと太ももが太くて悩んでいるけどその日の予定によってはボトムはパンツスタイルが動きやすくていいという時もあります。そんな時テーパードパンツが最適で、太ももを上手にカバーして足全体をスッキリと見せてくれます。ちなみにデーパードパンツは腰回りと太もも部分はゆったりして、裾にいく程に細くなるシルエットのパンツです。他にも全体的に太目のワイドパンツも下半身カバーファッションとしてお勧めです。